2016年8月9日火曜日

飛騨金山子ども芸術村アートキャンプ

三日間電波のない場所で子どもたちと
秘密基地を作ってきました

目の前の空間が変化していき
自分の世界にのめり込んでいく
子どもたちの姿をみて

幼い頃
ハイジの空飛ぶブランコに憧れて
お大工小屋のおじさんに
板に穴を開けてもらい
友だちと木の間にブランコを作ったのを
思い出しました

好きこそ物の上手なれ

10月に秘密基地の展示会が予定されています。


22時すぎると寝ていない子に化けてでる...のよ


我ら低学年!
このチームのアートサポーターをしました
ジャングルハウス
テーマが決まるとあれよあれよとイメージが膨らんだね


ブランコ
シーソー
朴葉の風車
仕掛けがいっぱい


窓もあるよ
カーテンまで
さすが女子


飛騨金山の大きな大きな古民家の一軒家
50名の子どもたちに20名のスタッフ&学生に支えられ
11回目を終えました

感性を刺激する

大人も刺激される夏の思い出

0 件のコメント:

コメントを投稿