2013年8月25日日曜日

白山登山

石徹白の中居神社へ行って以来、
白山信仰にはまってる。

山岳信仰と云われる山を神として
そこまでにいくつものその山を守っている神社がある。

郡上へ行き始めてそういった神社へ通うようになった。

だから決めていた。

今年は白山へ登る。



一歩ずつ踏み入るほどに

山は生きていることを感じる。



雨の気配。


山小屋へようやく到着して一息。

到着してみれば
やっぱりなんとも装備の準備不足に気づかされる。


どしゃぶりになる一歩手前。


葉っぱが笑ってる。


天候の悪さからなのか


自然の山の鼓動をよけいに感じる。


この居心地の良さは全てが共存しているからなのか。


心を単なる山登りのきつさに合わせると
なんとも自分だけしか見えなくて苦しいだけなのに、


心を周りに合わせると溶けて行くように統一される気分。


ゆかいな仲間と歌を歌いながら。

きつい時に歌を歌うのはいいね。

またリベンジだな。

満月ヨガ@小浜Cafe Watoto

「まさかこんな風に繫がるとはね。」

私の京都時代からの古い友人、
そして初めてのお寺さん友だちであり、
わたしの良き理解者でもある。
一回りも年の離れたお坊さん先輩、

彼はお坊さんでもあり、
カフェのオーナーでもある。

いつも良い刺激を頂いて有り難い存在。

そんなご夫婦で営まれている小浜のカフェへ
初めてヨガのお仕事で行かしてもらいました。


海岸で今日のヨガを考える。

始まる前にこの場所で何をどう感じるのか。

いつでもどこでも同じだけど、
自分との対話によって
その日のヨガは生まれる。


夕暮れの空と海と


満月と。


小浜はもう関西圏やね。
久しぶりの関西ノリにいつのまにやら
なんちゃって関西弁がでてくるのだ。


翌日はヨガで出会った方のマリーナへ。


なんと大海原を案内してくれました。

大きな笑顔で出迎えてくれて、
「ようこそ小浜のハワイへ!」

出会いって本当に不思議。

一気にその場所が特別なものへと変わった。


若狭湾の水平線を望み

大飯原発の異様な出で立ちに
人間の自我を思い

大海原の爽快感と恐怖を感じる。

海からの人間界はなんと小さいものか。


でも、旅の出会いは最高です。

地元の人の心に触れる旅こそ
その土地の良さに触れられるものです。


この人お坊さん。

良司さん、Mil Gracias!

Cafe watoto↓


地蔵盆


ようやく今年のお盆も終わりを告げました。

毎年同じことを繰り返すお盆行事。

一年経てばまた忘れてる。

忘れては思い出し
思い出しては深めて行く。

伝統を受け継ぎ守って行くことはこんなことなんでしょうか。

今年はなんとなくいつもより長かったな。

きっと

心の確認作業をしているからでしょうね。

腹に座るように。

気づけば空は秋色です。

2013年8月20日火曜日

【風の彩 二管の綾】

日中はまだまだ残暑が残る中、

朝晩の風は秋の気配を漂わせ始めています。

そんな秋涼が本番となる季節に、

お寺が素晴らしい音色で包まれそうです。

【風の彩 二管の綾】
真笛・篠笛コンサート

9月21日(土)
14時開演
(13時30分会場)

林陽寺
(岐阜市岩田西3−402)

前売り3000円
当日3500円

問い合わせ:090−5106−4291(森前)
又は058−243−1380(林陽寺)
y.iwamizu@gmail.com(寺ムスメ)
共催:和笛普及プロジェクト委員会


出演者:山口幹文
1980年「佐渡の國鬼太鼓座」に入座、1981年「鼓童」創設メンバー。笛を独学にて修得し、太鼓集団の中で頑固たる笛の表現を確立。笛のほかにも胡弓、筝、三味線などの施律楽器を務める。また、舞台演出や作曲を担当。ハリウッド映画の音楽監督、演劇への楽曲提供なども行う。1988年より「一管風月」というタイトルでソロ活動を開始。2009年には、佐渡の真竹で作られた真笛の豊かな響きで民謡からオリジナル曲まで幅広い演奏を収録したソロアルバム「一管風月」を発表。2012年、鼓童名誉団員に選定。

森美和子
伝統芸能、郷土芸能から学び、また2003年より整体教会・身体教育研究所の野口裕之氏の稽古会に於いて、日本古来の身体観を学び経験することから、笛の奏法を研究。現代に響く日本の音と芸能を創造しようと試み、現在に至る。
能楽の笛を一噌幸弘氏に、謡を観世流・梅田邦久氏に師事。奄美民謡を故上村藤枝氏に師事。民俗芸能 京都鬼剣舞笛方。 京都、大阪、山口ほか各地で篠笛教室を開いている。
−––––––––––––––––––––

企画者:森前よりメッセージ

この度はこの自然に調和した林陽寺でコンサートをさせていただきありがとうございます。演奏者のお二人とも超一流の奏者です。まさにこういった心地の良い空間での演奏を、ぜひ1人でも多くの方にお聴きいただき、和笛のよさを知ってもらいたいと願っています。

2013年8月19日月曜日

ゴスペルを聴きに行く


まさに

カルチャーショック!

だって

お経が賛美歌で
賛美歌を張り裂けんばかりの声で歌ってるんですもの!

初めてゴスペルを聴きに行きました。

でも、そうですよね。
ゴスペルって教会で歌われる賛美歌ですよね。

そして、納得しました。

賛美歌の意味はとてもわかりやすい。
ダイレクトに心に響いてくる。

”わかりやすい”

って大事だと思うんです。

自分が何者で
何のためにここにいて

時にそんなことって考えたりする。

迷う時は特に。

そんなときに、救われる言葉が少しでもあるかないかで

人生がらりと変わると思う。

みなさんの目はとてもキラキラとしていて
声は透き通っていて、

とても勇気と前向きに満ちあふれていました!

こんな目線になってしまうのは
自分に置かれた環境だなと思うけれど、

文化が違うからこそ分かることってとても多い。

大切な自分見直しの時間です。

2013年8月18日日曜日

9月のワンコイン修行&イベント案内

the 寺起こし企画
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『9月のワンコイン修行』
忙しい毎日に疲れたらコイン一枚持って出かけてみませんか。
どなたでもご参加いただけます。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月8日(Sun.)
【坐禅】
8時〜9時
本堂
100円 (お賽銭代)
☆動きやすい服装。スカート不可。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月14日(Sat.)
【朝ヨガ】
9時〜10時
本堂 
500円
☆ヨガマット、大きめブランケット
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月28日(Sat.)
【写経】
10時〜11時30分
ホール2F
500円 (納経代・お賽銭代含む)
☆お道具が少ないので、筆や下敷き等を持参くださると良いです。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
気まぐれ【夜坐】はあればお伝えします。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
木曜夜ヨガクラスは
5日、12日、19日、26日。
19時30分〜21時
トライアル1000円
60歳以上1500円/一般1700円
月謝割引あり。
お尋ねください。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ご予約先は...
y.iwamizu@gmail.com 又は 058-243-1380
よろしくお願いします。

〈イベント案内や寺ムスメ活動など 〉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月1日(Sun.)/ 15日(Sun.)
【お寺でヨガ@郡上秋葉三尺坊悟竹院】
郡上市八幡町柳町410
8時〜 9時
1300円
ヨガマット持参

郡上八幡を見晴らせる禅宗のお寺で朝活
問い合わせ y.iwamizu@gmail.com (寺ムスメ)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月4日(Wed.)
【ビッカフェ屋上ヨガ】
20時〜21時
1500円(ドリンク付き)
ヨガマット持参

問い合わせ 岐阜市弥生町10
やながせ倉庫202
090-3308-6309(堀江)
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月21日(Sat.)
【風の彩 二管の綾】
日本を代表する真笛と篠笛奏者のコンサート。
秋涼感じるお寺の秋をお楽しみください。

会場13時30分
開演14時

前売り3000円
当日3500円

出演者:山口幹文

森美和子

090-5106-4291(森前)
又は058-243-1380 林陽寺
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
9月28日(Sat.)/ 29日(Sun.)
【Community Yoga WorkShop
from New York in Gifu & Gujo】

ニューヨークで活躍するプロのダンサーによる
ヨガのワークショップ。
この機会は滅多にありません。
初心者の方からヨガを深めたい方まで
どなたでもご参加いただけます。

詳しくは↓
http://kiorikawai.com/kiorikawai.com/workshop.html
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

その他団体様ヨガ、
中庭を眺めながらのプライベートヨガ、
2名〜3名様まで限定のセミプライベートヨガなど
ご要望に応じてお答えしております。




















峠を越えて

木々の間を抜ける日差し

山里越えて

夏の暑さから逃げるかのように

そこには

秋の香りが待っていた