2012年2月29日水曜日

3月のワンコイン修行 (ヨガ・坐禅・写経・夜坐)&イベント情報

the 寺起こし企画
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
『3月のワンコイン修行』
忙しい毎日に疲れたらコイン一枚持って出かけてみませんか。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月10日(Sat.)
【朝ヨガ】
9時〜10時
林陽寺座敷
500円
☆ヨガマット or 大きめバスタオル持参。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月11日(Sun.)
【坐禅】
9時〜10時
林陽寺本堂
100円 (お賽銭代)
☆温かく動きやすい服装。スカート不可。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月24日(Sat.)
【写経】
10時〜11時30分
林陽寺ホール
500円 (納経代・お賽銭代含む)
☆道具は少ないので、筆や下敷き等を持参くださると良いです。
終わり次第茶話会は参加自由。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【今月の夜坐はお休みです。】
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
今月からご予約をお願いしております。
ご予約先は...
y.iwamizu@gmail.com 又は 058-243-1380
よろしくお願いします。

〈イベント情報 〉
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月17日(Sat.)〜23日(Fri.)
【春期彼岸】
お寺参り・お墓参りをしましょう。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
3月25日(Sun.)
【第6回 しだれ桜コンサート】
13時〜
林陽寺本堂
入場無料
出演者: ピアニスト粥川愛
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
広島での一コマ。
あの〜宮島へはこの電車でええすか〜?
はい、それでええですよ〜
(広島弁あってる?)

チンチン電車が町の中に溶け込む広島市内でした。

テラ空カン in 広島

ゆらゆら夜行バスに揺られ、
真夜中になんばを出て早朝の広島に到着した。

バスの運転手さん、時間調整しますんで到着は予定時刻の前後です。

なんて言ってたのにもかかわらず、
着いたのは予定時刻の30分前。

朝6時に着いて、広島駅で何しろって言うねん!!

若干怒りを抑えながら
仕方なくバスを降りた。

まだ夜の電灯が灯る駅構内は
それでもまばらに人がいて
きっぷ売り場の隅っこにちょこんと座って、
前を通り過ぎる人に目をやった。

これで広島に来たのは2回目。

遠い記憶を少しずつ探りながら
広島の町を歩いてみた。


この旅の目的地はここ。
曹洞宗の普門寺さん。
ヨガと精進料理の会に参加。


綺麗な本堂。

ぴっかぴか〜。


仏様にご挨拶をして。


広々とした本堂でヨガ。


これまたぴっかぴかの台所でお料理。

羨ましすぎる。


若い方が積極的に参加。


素敵なお品書き。


本日の精進料理。


普門寺の副住職。

禅の友や栄養と料理で精進料理の連載をされていたり、
今話題のネット寺院、彼岸寺でもお料理の担当をされていたり、
とっても売れっ子括イケメン僧侶。

今回は、丁度同じような想いを抱いていた時に
お勉強の機会をいただけ、この"テラ空カン"に参加。

いつもイベントをする側のため、
受ける側として良いお勉強になりました。
普段からお寺にいると当たり前のこととかも、
参加者の人と時間を共有する中で
見えてくる新鮮なお寺空間。
マンネリになりがちだった頭に新たにまたイメージを湧かせれた。

出会って
体験して
お話しして
想いを持ち帰って。

地道で時間がかかるけど、
大切な過程だと思っています。

それに旅は好き。

違う空間から得る物はとても大きい。

広島は小さな小島が並ぶ、
路面電車が町に溶け込む町でした。

ありがとうございました。

2012年2月23日木曜日

3月25日 しだれ桜コンサート 告知

『しだれ桜の下でコンサートがしたい。』

かつて退職したらこの夢を叶えようと
母親のお庫裏が胸に秘めていました。

今年も
皆さまへの日頃の感謝の気持ちを込め
春一番の訪れをお伝えいたします。


【第6回 しだれ桜コンサート】
〜ピアノの演奏を楽しもう〜
–––––––––––––––––––––––––––
平成23年3月25日(日)
13時〜
林陽寺本堂
入場無料
–––––––––––––––––––––––––––
出演者:粥川愛

 岐阜県立加納高等学校音楽科卒業、卒業生最優秀者に贈られる第1回ダンテ伊藤賞受賞。
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業、同大学大学院修士課程修了。ポーランド政府給付留学生、及び文化庁新進芸術家海外研修生として渡欧。ワルシャワ・ショパン音楽大学研究科を満場一致の賛辞を得て修了。

  在学中より国内外の数多くのコンクールに入賞を果たし、2009年、第14回日本モーツァルト音楽コンクール第1位受賞。2010年、第4回エウテルペ国際ピアノコンクール第1位受賞(イタリア)。同年、岐阜県文化・スポーツ功績賞(旧岐阜県民栄誉賞)受賞。2011年、第10回モーツァルト国際コンクールにて、特別賞にあたるベーレンライター・ウアテクスト賞受賞(ザルツブルグ)。

ワルシャワを始めヨーロッパ各地で演奏活動を行い、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ女史の推薦によりドイツ・ワイマールにてコンサート出演。「Najdłuższe Urodziny Fryderyk Chopin2001at」演奏会のオープニングに、唯一の日本人として出演しBBCを始め世界中のメディアで放送される。ショパン音楽大学主催によるショパン全曲演奏会出演。NHKカルチャー主催文化交流祭においてワルシャワとパリで行われたショパン生誕200年記念演奏会出演。コルデガルダショパンより招かれ2度のリサイタルの他、イタリア・コラートにてソロリサイタルを開催し、好評を博す。2011年、NHK-FM名曲リサイタルに出演。これまでに、藝大フィルハーモニア、東京モーツァルトプレイアーズ、イェナフィルハーモニー管弦楽団(ドイツ)などと共演。

現在は東京を拠点に全国で演奏活動を展開し、クラシック音楽の本質を感じられる本格的なプログラムでソロをはじめ、室内楽演奏会、ファミリーコンサートまで、レパートリーを常に拡げながら、ピアニストとして幅広く演奏活動を行っている。

今岐阜出身のピアニストとして一番注目アーティストであり、
寺ムスメの大切な友人でもあります。
彼女の演奏を生で楽しんでいただきたいです。


粥川愛 HP

第5回しだれ桜コンサート レポート

真夜中会議

最近ちょびっとおさぼり気味なこちらです。

いやいや、
おさぼりしているわけではないのですよ。
(ちょぴっと言い訳。)

春に向けて、いろいろ水面下で充電中な冬眠ムスメです。

真夜中会議でハーゲンダッツを食べてしまいました。
(ちょぴっと反省。)


大きな口を開けるはプロデューサーのボス。
お茶目よ。

春は和花ドレスのコレクションを検討しております。

どうぞ今後にご期待を。

名付けて
『春の法華寺 hananona dress collection 2012』

おやすみなされ〜。

2012年2月16日木曜日

幸せパズル


2月の24日に柳ヶ瀬映画館CINEXで一日限りの映画が放映されます。


アルゼンチンからの贈り物。
雰囲気のあるラテン映画。

『幸せパズル』

上映時間は10:30/13:00/19:00の3本のみ。
お値段も¥1000-.で嬉しい。


いつか必ず行くって決めている国、アルゼンチン。

アルゼンチンのスペイン語もアクセントが面白くて好きよ。Che!
日本の裏側の遥か遠い国からのSweetな映画、
楽しんでみてはいかが?


レトロな町、美殿町の喫茶FIELDからのお知らせです。

古本でいっぱいの棚に
猫ちゃんにもほっこり
クラシックがかかる店内は

いつも流れる時間がゆっくり。

岐阜市美殿町27
058-262-7083
日曜日休み
22:00までの営業時間が嬉しい。
ちょっと夜に読書しに、なんて良いな。


薬草湯


みなさま、お風邪などひかれてませぬか?

寺ムスメ、なんか花粉症っぽいー。。

もうそんな季節?

春は好きなのに
花粉症はいやよ。
ムズムズ。

そんな私の声をきいてくれたのでしょうか、
春日村の神様から贈り物が届きました。

名付けて、
『天空の薬草ボール』

はい、勝手につけてみました。

春日村は、岐阜県の西、滋賀側に伊吹山がある高い山の上にあります。

ここで採れる薬草はとっても豊富で匂いもよく、
昔から地元の人は薬草を生活に取り入れて生活をしていたそう。

そしたら神様は
私の疲れた身体をもりもり村の薬草湯で癒しなさい、
とご通知がきたので、
私、もりもり村まで行ってきたんです。

名前がすごいよね。
笑っちゃいけない。

だって
もりもり村の薬草湯、
よかったもん!!

昔はこの匂い苦手だったのに、
年を重ねるごとに
自然の匂いは
なんとも身体を癒してくれます。

春日村、
温かくなったら薬草摘みに行きたいな〜。

2012年2月10日金曜日

4年生の小学生から


プレゼントの贈り物。

母校のちっちゃい後輩たちから、
お手紙と育てているパンジーをいただきました。

お手紙には、みんなのいっぱいの気持ちが詰まっていて、
嬉しかったー♡

10歳の戦士たちが
素晴らしい夢に向かって進んでいけるよう、
私たち大人も負けないように進んでいかないとなっ。

みんな、ありがとう!
また会おうね。

2012年2月8日水曜日

After Party♫

一息つく間もないまま、
アフターパーティーは、
蔵を改装して岐阜の夜の定番となった
異国情緒溢れるTravessia。

ここで踊ってほしかったんだ♫


昼間とは打って変わり
とってもムーディ。


音楽はモノクロで出てきそうなジャズ。


これも、景子ちゃんの良さが
たっぷり出ていて
ぽわ〜んとなっちゃった。

他にはない、
魅力的な時間でした。

アフターパーティーでは、
昼間に参加してくれた子たちが
勇気をしぼって
踊ってくれ、
本当に
本当に
楽しかった!!

また京都のスタジオから駆けつけてくれた子たちと
地元の子たちが交流をしたり、
偶然の再会でパーティーに参加してくれたり、
お昼間はこれなかったけど
夜は駆けつけてくれたり、

いろんな人の協力があって、
いろんな人が同じ時間を共有できて、

本当に
嬉しかった!!

私、見た目によらず
すっごく緊張しいなので、
終わるまで安心できなかったけど、
みんなの心の協力があって

何かを起こすことって
本当に
本当に
大変だけど、

何かを起こす勇気は
必ず
人の心に波打ちエネルギーと変わっていく。

そう信じています。

この出会いが
また新たな出会いと繫がりに生まれていくよう
心から願います。

景子ちゃん、
何度も言うよ。

”ありがとう”

奉納パフォーマンス


それはそれは
美しく、まるで天女が降りてきたかのようでした。




お釈迦様に丁寧に挨拶をしてから
同じように最後に挨拶をして終えた彼女のパフォーマンス。

しなやかで、伸び伸びとした身体の表現。
今までとはまた一皮むけた
身体と心の連動、
身体の奥から湧き出るエネルギー。

すごく魅了された時間。
素晴らしい、素晴らしい舞台でした。


昨日、岐阜新聞社さんにも掲載いただきました。

景子ちゃんが来てくれた3日間。


まるでタイムスリップしたかのような
古い友人とのひと時は、
本当にあっという間で、
でも、確実に新しい何かが心に芽生え
胸の内でふんわりと温かい光を灯していった。

お互い苦しい時期を知っている仲だからこそ、
この再会は
ものすごく深い意味をもたらしてくれた。

景子ちゃん、
心からありがとう。

それでは、今回のイベントのレポートです。

【真冬の本堂で舞う 
フランスから踊り子が届ける魔法の身体メソッド】


"Barre au sol"

床で行うバーレッスン。
骨や筋肉の繫がり、身体の1つ1つの伸びが
クゥーっとしなやかに伸びていって、
これは気持ちが良い!!

ヨガとはまた違った気持ち良さ。
身体と共に心もどこまでも伸びていくような感じ。

これはまた次回マジメに全部受けてみたいなぁ。
今回はなんちゃってお手本をしていたので。


本堂の寒さも心配したけど、
終わる頃にはじ〜んわり身体が温まっていたのがわかる。


身体もほぐしたところで
サルサレッスンスタート。

やっぱりさすが。

いろんな場所でレッスンを持っていただけあって、
レッスンの流れや教え方がわかりやすい!
お手本にしなきゃ。


ダンスをしていると、
どうしても綺麗に見せるためや
テクニックに走りがちで
本来の踊りの楽しさを忘れてしまいそうになる。

けれど、本当に伝えたいのは
踊りの楽しさ。
だから初めて体験する時のその楽しさは本物。

今回、海外のお客様も多く、
やっぱり彼らと一緒に踊っていると、
”血”で踊っているなぁって思う。

日常的に”踊る”という文化は、
日本にはないに等しいけれど、
こんなコミュニケーションの方法が
世界には日常的にあって、

時には
言葉で伝えるよりも
心に響く。

そんな文化発信がお寺からあっても
いいじゃないか。

皆さん、
とっても良い顔をしていましたよ。

2012年2月3日金曜日

スタジオ練習


踊り子が集まって
スタジオ練習。

鏡張り、久々♡


皆さま、明日お楽しみに。

当日参加もまだまだ良いですよ。
アフターパーティーも遊びにきてくださいね♫

雪化粧


雪を頂いたしだれ桜の幹たちとお月様。


いつも見ている景色だけど
雪に覆われた翌日に見せてくれる
一面雪景色は
なんとも惚れ惚れしてしまう。


2012年2月2日木曜日

レモン × ジンジャー × 蜂蜜


レモン × ジンジャー × 蜂蜜

有機レモンをいただいたので、
蜂蜜につけて
冬のホットレモンにしてみました。

こんなにたくさん。

次はなにつくろ〜かな〜。

2012年2月1日水曜日

2分の1成人式

10歳を迎えた子ども達が、
両親への感謝を伝えながら自分の将来の夢をスピーチする。

【2分の1成人式】

こんな素敵な参観日に
先週末、寺ムスメは母校である
小学校へお呼ばれさせていただきました。

前夜は私もとても緊張していて、
どんなふうにお話をしたらいいのか
ずいぶん遅くまで構成を手直し。

しかし、
発表当日1人1人の家族への感謝の思いに
自分の将来の夢を聞いていたら、

書いた文章なんて
全く必要がなくて、

心のままに
伝えたい思いを
伝えよう、
と思えました。

そのくらい
10歳のみんなの言葉は、
純粋で
生きた言葉で
本当に素晴らしかった!


28まで生きてきていても、
夢は手が届いてはまた離れ、
また新たに生まれては追いかけっこをする。
そんな時空をぐるぐる回っているけれど、

【夢】は雲の上でふわふわしているわけではなくて、

声に出したら
もう【夢】には近づいていて、

行動を起こし始めたら
もう【夢】は寄って来てくれている。

そう思えるようになった最近。

色んな方向転換はもちろんあるけれど、

強い願いと
努力と経験。
そして、
感謝の心。

そのバランスが調和されたとき
きっと夢は叶ってると思うよ。

だから今の10歳の戦士たちには、
良いことも悪いことも
たくさん たくさん
経験して
身体で感じて
こころで受け止めて

自分自身を受け入れて行く
土壌を作っていってほしいな。

あとはね、
人生の先輩も見つけてほしいです。

うまく伝わったかどうかわからないけれど、
同じ土地で生まれた皆がいつかまたこの土地に戻ってきてくれることを願うよ。

きっとその頃には寺ムスメは寺ばあちゃんになっているかもしれないけれど、
一緒に楽しい土地作りをしていけたらいいなって
これまた【夢】を描いちゃったよ。

最後に、みんなの手話付きの歌、
本当に感動しました。
良い想いをさせてくれて、
ありがとう。