2018年6月30日土曜日

美しき星の住人

高知 四万十…yumahare
.

小人さんのような彼女から
溢れでてくる植物への愛
.

彼女の手から生まれる物たち
.

魚の形の布ナプキン
帽子はレモングラスを編んで
古着のセーターはモモヒキに
まだまだまだまだ
たんと生まれてくる
.

くるんくるんと季節が廻り
くるんくるんと暮らしが巡る
.

四万十の山奥は
少し切り離された
生き物たちのそのまんまの世界
.

10年来の友は美しき星の住人
土地から彼女からいただく
巡るめくインスピレーション
.

10月の秋の土用期間に
彼女と一緒に布ナプキンとモモヒキを
作る会を開きます。
.

全く違うものになる愉しさを
手を動かす愉しさを
静かに黙々と過ごす愉しさを
.

絹の布や古着のセーターなど
集めておいてくださいね。



森の中
道なき道に道をつくる


不思議な色の
コンテリクラマゴケ


ヤマモモ
このまま砂糖をまぶして
冷凍するとアイスの実!


朝はバター珈琲を


古着のセーターからは
モモヒキ
靴下
アームウォーマー
ネックウォーマー
ぬいぐるみまで出来るそう。


お山の蔓たち




レモングラスで編んだ帽子


甲骨文字をおしえてもらった
ひとつずつ辞書見ながら書いてみました。

火 


静からはじまる世界

0 件のコメント:

コメントを投稿