2018年7月3日火曜日

日々

君がわたしには到底理解が出来ない所で生きていることをわたしは知っている。
わたしは君のほんのほんの一コマにしか過ぎなくていつか忘れてしまうような一コマ。
わたしも忘れちゃうかもしれない。
それでもこの一瞬がこの一瞬がひとすくいの救いとなれたら、
なんて想うのはわたしの勝手かもしれないけれど、
わたしはあなたを覚えておきたいと思った日。



0 件のコメント:

コメントを投稿