2018年7月5日木曜日

夏休み子ども禅の集い募集を始めました。

ベーゴマを知っていますか?

昭和の子ども達の遊びの主流だったそうです。
始まりは平安時代からで
はじめは巻き貝に粘度を詰めて遊んでいたそう。

今では日本に唯一残った製造工場で作られている
鋳物のコマです。
.

今年の夏休み子ども禅のつどいでは
このベーゴマで遊んでみようと思います。
.

ひとりひとつ自分のベーゴマに色を塗り
できそうな子はヤスリで裏面を削ってみて
回転しやすいように工夫してみてもいいかもしれません。
.

紐をカチッと巻くのも一苦労ですが
コツを掴めば意外と回ります。
.

教えていただくのは
岐阜の谷汲にお住まいの雅恵さん。
山からの沸き水が家の脇を流れる日本家屋にお住まいで
昔ながらの暮らしの知恵を大事にされている方です。
.

五歳の息子さんベーゴマに夢中だそうですよ。
.

勢いがあると
コマ同士が触れ合って火花が舞う時もあるみたいです。
(ちょっとみてみたいー)
.

漬け物樽も探しています。
ありそうな方お貸しください。
.

お寺で過ごす半日...
私もこの企画を務めて10年目。
子ども達も大きくなり頼りになるサポーターで
来てくれたりしています。
.

有難いです。
.

夏の記憶として残るといいな。



◇夏休み子ども禅のつどい◇


期日  平成30年7月29日(日)13:30〜21:00頃

服装  動きやすい服、タオル、水筒、帽子、ベーゴマに色をつける油性ペン、あれば紙ヤスリ

参加費 1500円(参加費、保険、ベーゴマ300円込)

対象  小1〜中学生 (中学生はサポーター)

定員  25名

※申し込み※
ふりがな付きの参加者名、性別、学年、郵便番号、住所、保護者名、緊急連絡先明記の上、yoga.naginoki@gmail.com または、林陽寺(岐阜市岩田西3-402/TEL 243-1380) / 7月21日までに

当日は現地集合現地解散ですのでお迎えお願いいたします。

...

当日お手伝いいただける大人のスタッフも一緒に募集しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿