2012年10月27日土曜日

キッズジャズ♫


この季節は気持ちが良い。

秋晴れは、雨もあまり降らなくなったメキシコの乾季に少し似ている気がする。

ぽかぽかでついつい昼寝に誘われる。zzz

そんな先週末、ぽかぽか陽気の中、
お寺から心地よいジャズの演奏が流れました。


お寺でキッズジャズ♫

キッズジャズとは、子どもが演奏するとかではなく、
子どもも一緒にジャズを楽しめる音楽イベント。

一緒に主催をしてくれた新谷ご夫婦は、
学生の頃からジャズを各地で演奏されてきた、
とっても実力派の方たち☆

今でもレギュラーで各地のジャズバーで演奏されています。

「子どもに、シーっとしなくても良い雰囲気の中で
ジャズを親子で楽しんでもらいたい。」

それがお二人のご希望でした。


寝そべって聴く子や縁側で遊びながら聴く子、
それがだめっていうルールもなく、

とても穏やかに時が流れて行きました。

演奏の最後には読み聞かせも。

お寺だからと、天国と地獄の長いお箸のお話でした。

子どもたち、お話に釘付け!!


アンコールには”七つの子”を。

♫からす なぜなくの からすはやまに
かわいいななつの こがあるからよ♫

柔らかい夕日が本堂を差し、
まいさんの声が愛情に包まれていて、
胸につーんときました。

こんな心の広い方たちの演奏を聴けて、
お寺という場を素晴らしい空間にしていただけ、
ありがたいなぁと思いました。


おやつは畑で採れた鬼マン!
これでもかというくらいお芋がたっぷり。

深まる秋を楽しみましょう。

それにしても、お寺からジャズ演奏なんて贅沢で
すっごく良かったな。


0 件のコメント:

コメントを投稿