2013年9月9日月曜日

神々の遊ぶ庭

カムイミンタラ

”カムイ” はアイヌ語で "神"

大雪山を彼らはこう呼ぶ。

”神々の遊ぶ庭”




まさにその姿は雄大で
観る者を圧倒させる。


しかし
その姿は一分ごとというくらいのスピードで
移り変わって行く。


時に雲が厚く被さってきたり、


時に晴れ渡り目の前に綺麗な土の層が現れたり、


かと思えば灰色の霧に風で視界を遮られたり。


神々が遊ぶ庭

それは人間にとって
近寄ってはいけないくらい
自然が厳しい場所

という意味も含まれている。


しかしそれは、
まるで人の心の中を映し出しているかのようであった。

禅にはこんな言葉がある。

【白雲抱幽石 はくうんゆうせきをいだく】

景色が生き方を教えてくれる。
という意味。


嵐や竜巻、今地球上で起こっている現象は
あたかも自然界の宇宙がもたらしている
外の出来事のように感じるが

小宇宙である私たちの身体の中にもいろいろな声が発せられている。


それが嵐なのか竜巻なのか
それとも晴れ渡る大空なのか
真っ赤に染まる夕焼けなのか

あなたはどれに自分を見るだろうか。


人は景色に浄化され
自然に自分を映し出す。


そう思うと今の世界の現象は
あたかも自分からは離れたところではなく
多くの声が渦となり力となり
引き起こしていることなのではないかと

ふと思った。


アーサナ失敗したけど、

大切な友人と一緒に登れた、心に残る大雪山登山。

なんと両親の新婚旅行もこの山だったそう。

なんともしぶい選択...

でも

なんとも素晴らしいニクい選択。
そんな選択ができたことに
ちょっと誇りに感じます。

両親が30年以上前に訪れた地に心に刻まれる景色を頂きました。

いつの日かまた訪れたい。

3 件のコメント:

  1. 本当に美しい風景ですね!!!

    若い人が羨ましい

    返信削除
  2. 本当に美しい風景ですね!!!

    若い人が羨ましい

    返信削除
  3. 本当に美しい 風景ですね!!!

    羨ましい

    返信削除