2013年9月17日火曜日

人間国宝 染織家 宗廣力三

郡上紬は岐阜県郡上市八幡町で織られている紬。

国産の春繭のみを使い織り上げられ
天然の植物で染めた渋みと深みのある色合いが特徴。

もともとは農家の普段着として織られていたものを
宗廣力三により芸術までに高められ再興された。

まさに民芸。


この曲線にグラデーションがかった技法は
今なお解明されていない。

まさに匠の技と心が込もっている。


語りかけてくる模様は

生きているかのよう。

それだけで
エネルギーが伝わってくる。


その他にも河合寛次郎に捧げた器など

素晴らしい作品の数々。





郡上大和のフィールドミュージアムで展示が行われています。

郡上紬は後継者がいなくて
滅びつつある。

初音に工房があるそうなので
今度行ってみようと思います。

民芸の時代に生きた人たち。

本で見ていても
実際にみていても

その人のエネルギーがバシバシくるかのようです。

カッコいい。


0 件のコメント:

コメントを投稿