2013年12月31日火曜日

西日本プチ横断



京都の弘法市は年末らしい人混みと活気に溢れていて、
行くだけでワクワク。

個人的に数あるたいやき屋の中でも
ひと際フル回転のたいやき屋のおばあちゃんに惹かれて
並んでまで買ってしまったたいやきちゃん。

人の雰囲気って大事だなー。

あの雑さ加減もいい。



岡山でNYから帰国中の友人夫婦に会いにいき、

駅近くの珈琲専門喫茶店、折り鶴へ。

おそろしいほどのこだわりが伝わってくるお店です。

マスターは一滴一滴しか珈琲をいれないという。

10年程のお店らしいのですが、
この業界、10年なんてまだまだです、と。

お店に入ればすぐにわかる。
どれだけ愛情をその場所に注いでいるか。

それによって居心地はがらりと変わる。

人の感性に触れるってそういうこと。


最終目的は高松。

NYのヨガトレーニングで知り合った
みんなに高松で再会。

キッズヨガのお手伝いを。
それもぜーんぶ英語。


こんなにたくさんの子どもたちと身体をたくさん使って
踊って歌ってヨガをして。


足を使ってヨガはトーガという。

しらなかった...!


アメリカでは教育にも取り入れ始められているヨガ。

いったいどんなものかと。

友人に会いにいきながらヨガも共有でき、
また自分の居場所に夢を馳せる。

少しずつこんな風に日本を知る機会があるのも
贅沢でありがたいことだなと感じるのです。

高松のおうどんは美味しかった...けん!

0 件のコメント:

コメントを投稿