2014年10月6日月曜日

福井から小浜

鈴の音と共に早朝三時起床。

暗闇の坐禅。

巨大木魚の地響きに
本堂を埋め尽くす雲水たちの朝課は
低音の重量感の中に
目に見えない波紋が広がる。

終わる頃に
ようやく薄明かりの空から
夜が明けた。

この世とあの世のつなぎ目を
目にしたかのよう。

本堂からの景色はまるでお山の上から
下界を見下ろすような

なんとも不思議な空気に包まれていました。

福井 曹洞宗大本山 永平寺





一泊二日の研修。
終わってようやく緊張から解放。

西陽を浴びながら
日本海を走る。


こんにちは、1年ぶりの小浜。

自坊を持たないフリーダムな活動を貫く古い友人。
お坊さんが営むCafe Watoto。

2日間Watoto寺として
WSを行いに。


WSのタイトルは
「ヨガで自分を深める特別な2日間」

でしたが、
なんともしっくりきていなかったので

とっさに思いついた
「Watoto寺」

永平寺にも行って思ったのが、
お寺とはどこでも創れるということ。

テーマがあり、
与える側と受ける側
そして場があれば

どこでもお寺になりえるということ。

自坊をもたない私の友人坊さんですが、
最初からこの形だったわけではなく、
様々な状況からこの形になったにせよ
それでもお坊さんができているって

彼のファンがいるから。

お坊さんとして
人として
彼にお経をしてもらいたい
彼のお話を聴きたい。

それって究極にお坊さんが求められることで
求められることであってほしい。

村寺
都会の寺

昔からの繫がりを大切にするなかでも
時代とともに変貌しながらも
原点はここでありたい。

Watoto寺は窓の外の景色が素晴らしいのです。

一本のもみじの木に見守られて。


こうやって
なんでもない自分だけど
わたしを知って
呼んでくれる友人に感謝です。

福井県 小浜

また少し近くを感じる土地に出会えました。


Cafe Watoto


0 件のコメント:

コメントを投稿