2017年2月12日日曜日

石徹白カレッジ

ずっと側にいて
ずっと眺めていたくなる

そんな存在でありたい

春を待ちわびて
春を我に写実する。


1年の学びを終えて
来月新たに旅立つ石徹白カレッジの皆さんと
薄暗い夜明けの中ヨガをさせてもらいました。

桃の木は桃の木に
りんごにもバナナにもなれないんだよ。

同じと違いを楽しむことを学んだ皆さんの
ひとりひとり自分に向かっていく姿は
とても潔くかっこよかったです。

それは土の中で春を待つ種のように
希望に満ちて見えました。 


ご一緒できて光栄でした。
ありがとうございました。


しーんと静まりかえるこの地に
ザクザクザクと足音を鳴らして

満月の夜道を散歩しました。

本当は忙しさで外は溢れているのに
不思議と中はとても静か。

まんまるで
つるぴかな
おつきさま...◯

0 件のコメント:

コメントを投稿