2013年10月21日月曜日

自分の感受性くらい・茨木のり子


ぱさぱさと乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたことを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近視のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮らしのせいにはするな
そもそもが ひよわな志しにすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ

−−−−−−−−−−−−−−−

どんなに時代を超えようと
力強く生きた人の詩は
色あせることなく
その輝きを放っている。

0 件のコメント:

コメントを投稿