2014年4月2日水曜日

お花見Yoga & 寺Cafe


澄み渡る限りの青い空に
そよ風に揺られ見事に花を咲かせた枝垂れ桜


その横で仲良く同じ時期に花を咲かせた木蓮


”うつむいてちゃ幸せ見落とすぞ!”

咲き誇る花たちがそうやって語りかけてくるかのよう。

先週の土曜日に開かれたお花見ヨガ&寺カフェ
一週間以上お天気予報とにらめっこをしていた寺ムスメですが、
皆さんのお気持ちが寄り添って、
素晴らしい気候の日となりました。




パン屋さんもお菓子屋さんも
一時間も経たないうちに完売に...!!
糸カフェさんやマッサージには長蛇の列。



ゆったりとした時の流れにtomoyoちゃんのウクレレ。
空間が一気にピンク色に染まり、
歌声と音が境内に心地よく響き渡る。

どうしてもこの桜の下で彼女の歌が聴きたくて。


時間が許す限り宝物探しのように本を探したり、


家族同然のワン子と一緒に過ごしたり、
どのワン子もとっても可愛くてお利口で
うちのサクラが焼きもちやいておりました。

だから途中でみんなのところへ連れて行ってあげたり。


気分転換にはわらべ唄で
お山散歩に地の唄を身体に染み込ませて。


山道で春をたくさん見つけて


気がついたらもう夕暮れで。
それでも途切れることのないお花見。

桜に集う皆さんの和んだ心が伝わってきて
笑顔しかない空間に
私としても感無量でした。


五重の花びらが合わさって一輪の花に。
一輪の花が大木を飾り見事に咲き誇る。

たった数日間のこの美しさに至まで

葉っぱが覆い茂る夏はその重みに耐えながらも
虫にその栄養を分け与え
秋はその葉のじゅうたんで土に根を温め
小さな芽とともに冬を越え

鳥とともに春を迎える。

私たち人間はその様を見守り
また新しい命を繋げていくのが役割。

山側の枝垂れ桜の子どもたちもずいぶん大きくなりました。

”命の姿を重ね合わせる”

どんなことがあっても

必ず

”春は来る”

そう教えてくれている気がします。



※写真は訪れた皆様の写真をお借りしました。
こんな風に皆さんの目に映っているんだなぁとこれまた
嬉しくなりました。


0 件のコメント:

コメントを投稿