2016年11月30日水曜日

Ecuador 旅の記憶

旅の現地コーディネーターダニエルは
旅の中で3つ大切ことをおしえてくれた。

ひとつは
”桃の木は桃の木に
りんごにもバナナにもなれないんだよ”

わたしはわたしになりにいくんだよ。
Para sey hay que hacer.

//

ふたつめは
”アイニー"
ケチュア語でバランス

どれだけ自分がその人生から得ることができ
どれだけその人生に自分を差し出すことができるのか。

与えるよりも多くを取ると
バットバランス

取るよりもそれ以上に
多くを与えることで
アイニーになるよ。

//

みっつめ。

大切な時間を過ごしたとき
なんでもかんでも外にだしてしまうのではなくて
自分の中に留めておくことも大切。

時間をかけて何が起こったのかを探求して
自分にとっての意味を見つけていく。

そうしたら
人生のどこかのタイミングで
それはふさわしい時に
その時がくるよ。



クリスティーとダニエル

共に20年、30年
民族とともに
その地を人を見守り
共に歩んできた人たち。

彼らからいただいた教訓を力にしていきたい。

知った以上は
同じようには伝わらなくても
伝えていくこと努力をしていきたい。

感じた以上は
それが何を意味するのかを
自分に問いていきたい。

//

きれいなことは誰でもいえるし
本にもたくさん書いてある。

大切なことは
その反対側にある闇を体験したときに
それをどう消化して感じて
意味付けをしていくか。

起こることに意味があるのでなくて

起こったことをどう意味付けしていくかが大事なんだ

友人の言葉。

悪いこともいつか愛おしく思える時がくる。

私たちはその両方を生きている
その両方を体験して感じるからこそ
双方が美しく愛おしく感じられるときがいつか来る。

太く
太く

生きていきたいなー

0 件のコメント:

コメントを投稿