2017年9月18日月曜日

San sebastian サンセバスチャン

初めてスペイン語を習ったのは
高校3年生の夏になる前

メキシコ留学に行く前に2ヶ月だけスペイン語を習った時。

私のスペイン語の先生は
スペインのサンセバスチャン出身の女性でした。

一枚の絵葉書には
真ん中に島を挟んで両側に海岸が広がる
海と町の写真。

「こっちの海が家族が過ごす海岸でこっちはサーファーの海岸よ。」


その写真が頭に焼き付いていて
いつか行ってみようと思っていた町。

電車で国境を越え
何も知らずに辿り着いた日は
サンセバスチャンが一年で一番人で賑わう
お祭りの日でした。





もう絵本の世界
兵隊さんに馬車、鼓笛隊のパレードに大砲。



とても賑やかなお祭りでも
本当はこの8月31日、
かつてスペイン独立戦争中
フランス軍がこの小さな町を占領し
町が焼き付くされた歴史を持つ日。

この日のパレードはかつてを再現し
忘れないために今も行われている日でした。

夜9時を過ぎると
一本だけ当時残った通りの電灯の灯りが消され
蝋燭で灯されました。

通りに舞台が用意され
聖歌の唄声が広がると
辺りは一変して静寂へ。

この日の出来事を
後にピカソはゲルニカに表したそうです。

バスクの文化と歴史に
偶然居合わせた日。

0 件のコメント:

コメントを投稿